COLUMN

美容院のシャンプーを選ぶメリットとは?

シャンプーには、市販のものと美容院のものに大きくわけられます。なんとなく美容院のシャンプーは高いぶん効果があるというイメージはあるものの、何がどういいのかはわからないという人もいるのではないでしょうか。美容院のシャンプーには、市販のシャンプーにはない特徴があります。この記事では、それぞれのシャンプーの違いとともに、美容院のシャンプーを使うよさについて解説します。

目的を意識してシャンプーを選ぼう

そもそもシャンプーは、頭皮と毛髪を清浄にするために使うものです。もしかすると、毛髪を洗うというイメージがあるかもしれません。スタイリング剤やホコリなど毛髪表面に付着した汚れは、ある程度シャワーで落とすことができます。しかし、フケや汗などの老廃物は、頭皮に付着したまま放置すると、頭皮のべたつきなどトラブルの原因となる可能性が高いのです。そのため、シャンプーを使って、頭皮の汚れを洗い落とし、清潔にすることで、頭皮や毛髪を健やかに保つ必要があります。この目的を意識して、シャンプーを選ぶことが重要です。

シャンプーに含まれる「界面活性剤」とは?

界面活性剤は、シャンプーに含まれている洗浄成分で、油に溶けやすく水に混じりやすいのが特徴です。本来油と水が混ざることはありません。しかし、界面活性剤が両方へ働きかけると油と水の表面がそれぞれ変化し、乳化した状態になるのです。この作用を活用し、お湯だけでは落とせない皮脂やワックス、ヘアスプレーなどを包み込み、頭皮、毛髪を清浄にします。界面活性剤には複数の種類があり、それぞれ洗浄力の強さなどに違いがあります。

へちまや大豆のサポニンや卵黄のレシチン、牛乳に含まれるカゼインなど食物などに含まれる界面活性剤は、自然界に存在する成分です。ラウリン酸Naやオレイン酸Na、ステアリン酸Naなど、天然の油脂から作られるのが石鹸系界面活性剤です。天然の油脂に苛性ソーダか苛性カリを混入することで、アルカリ性の石鹸になります。洗浄力や泡の安定性などが高く、身体を洗浄するのに利用されることも少なくありません。人の皮膚は弱酸性なので、肌が弱い人や炎症などを起こしている場合は、使用を控えたほうが無難です。

脂肪酸エステル系界面活性剤には、ラウリン酸スクロースやミリスチン酸スクロースなどが含まれます。刺激がわずかなので、化粧品などに使われることもあります。アミノ酸系界面活性剤は、ココイルメチルタウリンNaやラウロイルメチルアラニンNaなどです。弱酸性で低刺激なのが特徴です。洗浄力はやや弱いですが、毛髪や頭皮を痛めにくく、肌が弱い人やヘアカラーをしている人などに向いています。高級アルコール系界面活性剤は、脂肪酸由来の天然系と石油由来の石油系の2種類があります。どちらもしっかり汚れを落としますが、そのぶん肌への刺激も強いのが特徴です。それゆえ、敏感肌の人が使うと抜け毛や薄毛を招く可能性があります。

洗浄力が高い高級アルコール系は要注意!

高級アルコール系は、洗浄力や脱脂力、殺菌力が強大なので、シャンプーの後は頭皮、毛髪を清浄にすることができます。さらに、少ない量でもしっかり泡立ち、手頃な価格なのも特徴です。毛髪がテカテカするほど脂性肌の人や、汗をかきやすい人には比較的向いているといえるでしょう。と同時に、頭皮への負担が大きいというデメリットがあります。あまりにも強い洗浄力によって、頭皮に必要な皮脂も洗い流してしまい、乾燥などの悩みを招く可能性があるのです。高級アルコール系シャンプーを使い、頭皮がべたつきやすくなっている場合は、頭皮の脂分が奪われ、乾燥をカバーするために頭皮から油分が多く出ている可能性があります。

また、市販の高級アルコール系は、毛髪ケアを狙いとしているものが多いため、毛髪につやや滑らかさ、香りをつけるための添加物が含まれている傾向です。特に多いのが、シリコーンです。毛髪につやを与える役割があり、シャンプーをするためにコーティングの塗布と洗い流しを繰り返します。結果的に、キューティクルも一緒に剥げてしまい、毛髪が傷んでしまうのです。さらに、添加物は落ちにくいため、頭皮にこびりついて溜まっていくと、毛穴詰まりなどを起こし、炎症や薄毛などを招く可能性があります。

注目したいのはアミノ酸系やタンパク質系

アミノ酸系やタンパク質系と呼ばれる界面活性剤は、洗浄力が高級アルコール系ほど高くありません。それゆえ、頭皮、毛髪を健やかに保つことが期待できるのです。また、アミノ酸は、肌の保湿にも役立つ成分です。そのため、アミノ酸系のシャンプーを使うことで、毛髪のつやを保てます。さらに、毛髪の水分、油分を補い保つため、薄毛やフケ、抜け毛対策としてアミノ酸系シャンプーを使う人も少なくありません。

その一方で、一般的なシャンプーと比べると洗浄力が弱いのがデメリットといえます。ワックスなどの整髪料をたっぷりつけている場合には、アミノ酸系やタンパク質系のシャンプーで落としきれないことがあるため、注意が必要です。また、乾燥肌の人や敏感肌の人にとっては、皮脂を落としすぎないという特徴がプラスに働きますが、オイリー肌の人や汗をたっぷりかいたときには、洗浄力が不十分かもしれません。さらに、ほかのシャンプーと比べると価格が高めに設定されているのも特徴です。

アミノ酸系は、さらに細かい種類にわけることができます。「グルタミン酸系の界面活性剤」は、シャンプーに含まれることが多く、ココイルグルタミン酸Naやラウロイルグルタミン酸TEAなどが含まれます。アミノ酸系の中でも、使用感がしっとりしているうえ、洗浄力や泡立ちが控えめです。ココイルメチルアラニンNaなどの「アラニン系」は、アミン酸系の中でも洗浄力、泡立ち、使用感のバランスがよく軽い仕上がりが特徴です。ココイルグリシンNaなどの「グリシン系」は、洗浄力や泡立ち、使用後のすっきり感がアミノ酸系の中でもしっかりと感じられるので、石鹸系の使用感に近いといえます。一般的なアミノ酸系は弱酸性ですが、グリシン系は中性からアルカリ性のときに洗浄力が発揮されるため、使用後は毛髪がきしむことがあります。

「タウリン系」は、きめ細かな泡立ちとさっぱりとした泡切れが特徴です。「サルコシン系」は、アミノ酸系界面剤の中で初めて作られたものです。洗浄力と泡立ちに優れています。「アスパラギン酸系」は、新しいタイプの界面活性剤です。適度な洗浄力と泡立ちで、すっきりと洗い上げます。

美容院のシャンプーは市販品とどう違う?

洗浄力や泡立ちを優先して作られている市販のシャンプーは、ドラックストアなどで売られています。高級アルコール系を使用しているものが多い傾向で、簡単にクリーミーな泡が作れ、頭皮、毛髪を清浄にします。また、クシ通りがよく、価格が手頃なのも特色です。イメージも大切にしているので、パッケージの模様がこだわっていたり、テレビCMなど宣伝にも力を入れたりしています。

一方、美容院専用のシャンプーは、頭皮、毛髪のうるおいを保ち、カラーやパーマによるヘアデザインをなるべく長く楽しめることに価値を置いています。そのため、美容院にもよりますが、アミノ酸系やタンパク質系などの界面活性剤を含むシャンプーを使っていることが多いです。

美容院のシャンプーのメリット・デメリット

美容院で使用するシャンプーは、アミノ酸系やタンパク質系がメインのため、頭皮、毛髪を健やかに保つことができます。くせ毛やパーマ、ヘアカラーなどさまざまな毛髪や頭皮の状態に応じた豊富なラインナップという点も、メリットといえるでしょう。毛髪や頭皮の悩みに対し、ピンポイントで対応できるため、トラブル解決を効率的に行えます。また、市販シャンプーに比べると、配合されている成分が高品質です。そのため、より高い効果が期待できるのです。シャンプーを選ぶ際には、美容院で相談できるため、プロが毛髪や頭皮の状態をチェックし、自分に合ったものを選んでもらえます。

その一方で、質がよいぶん価格が高めに設定されているのがデメリットの一つです。また、美容院でしか購入できないため、欲しいときすぐに買えないということもあるかもしれません。商品によっては、ネット通販で購入できるものもあるため、美容院に頻繁に行かない人などは利用してみるとよいでしょう。

市販のシャンプーのメリット・デメリット

市販シャンプーのメリットは、どこでも売っており、欲しいときに比較的安く入手できることです。種類がふんだんにあるので、選ぶ楽しさも味わえます。あわせて、洗浄力が強いため頭皮、毛髪を清浄にするのもメリットといえるでしょう。少量でも泡立ちやすく、洗いやすいというメリットもあります。一方で、洗浄力が高すぎるというデメリットもあります。とりわけ頭皮が乾燥している場合などは、症状を悪化させ、フケやかゆみを引き起こす可能性があります。また、強力すぎる洗浄力はヘアカラーやパーマのもちが悪くなる原因にもなるのです。また、髪質や頭皮の状態にマッチしにくいというデメリットもあります。

市販のシャンプーは、ありとあらゆる年齢層の人が使うことを想定し、誰が使用してもある程度の効果が得られるように作られています。そのため、髪質や頭皮に合わせて使い分けることがやっかいなのです。

自分に合うシャンプーを選ぶポイント

シャンプーはほぼ毎日使うものだからこそ、頭皮や毛髪にやさしいものを選びましょう。刺激が強すぎるシャンプーを使い続けることは、毎日頭皮や毛髪にダメージを与えているということです。整髪料をたっぷりつけたときなど、特別な日は高級アルコール系を使い、普段はアミノ酸系を使うなど、使い分けるのも一つの方法です。また、頭皮や毛髪の状態に応じて選ぶという視点も大切にしましょう。

乾燥肌や敏感肌の人は、刺激が少なく保湿力の高いアミノ酸系が適しています。ただし、スタイリング剤などを使った場合は、二度洗いの必要があります。頭皮の皮脂が気になる場合は、高級アルコール系か石鹸系がよいでしょう。ただし、毛髪量が多かったりミディアム以上の長さがあったりする場合は、洗髪後に髪がきしみやすいため、アミノ酸系を使うほうがよいでしょう。自分にぴったり合うシャンプーが見つからない、どれにすればよいかわからないという人は、美容室で相談してみましょう。プロの目で判断してもらえます。

美容院のシャンプーは1回の使用で効果が得られるわけではありません。使い続けることで、毛髪や頭皮の効果を実感できます。そのため、継続して使いやすいものを選びましょう。購入できる美容院が遠い場合は、ネットや定期便が使えるものを選ぶと、便利で続けやすいです。

頭皮や髪にやさしいシャンプーの使い方って?

せっかく自分に合ったシャンプーを選んでも、使い方を間違ってしまうと台無しです。頭皮や毛髪をいたわりながら、シャンプーを使いましょう。シャンプーの前に必ずしておきたいのが、ブラッシングです。毛髪が乾いた状態でブラッシングすることで、髪のもつれがとけ、ホコリやスタイリング剤などの汚れが落ちやすくなります。次に、お湯で毛髪をしっかり濡らします。頭皮の皮脂は毛先まで伝わって毛髪全体を覆っているため、少し濡らしただけではお湯がはじかれてシャンプーが泡立ちません。また、湯洗いすることで全体の約9割の汚れを落とすことができるのです。

次に、シャンプーを毛髪全体になじませ、しっかり泡立てて洗います。頭皮は指の腹を使い、マッサージしながら洗っていきましょう。毛髪同士をこすり合わせてしまうと、毛髪にダメージが加わることもあるため気を付けます。最後にシャワーですすいで完了です。すすぎは、地肌にお湯をあてながら行いましょう。後頭部や耳周り、襟足、生え際などは洗い残しやすすぎ残しが起こりやすいため、意識して洗うことが大切です。

自分に合った美容院のシャンプーを使おう!

ついつい香りやパッケージ、CMなどをベースにシャンプーを選んでしまうこともあるかもしれません。しかし、シャンプーは頭皮や毛髪のことを考えて選ぶことが大切です。美容院のシャンプーは、頭皮、毛髪を健やかに保つものが多いです。例えば、日本人女性の頭皮や毛髪のことを考えて作られている表参道の美容室「ZACC」のシャンプーがあります。植物由来のスカルプケア成分やボタニカル成分が配合されており、石油系洗浄成分やシリコーンは一切含まれていません。さらに、21種類もの天然由来成分が配合されているのです。毛髪の空洞化と内部への水分・油分補給、表面のキューティクル保護と3方向から働きかけます。頭皮、毛髪を清浄にし、毛髪につやを与える効果が期待できます。お気に入りの髪型を長く楽しむためにも、頭皮や毛髪にやさしいシャンプーを使いましょう。

The following two tabs change content below.

美容室ZACC 監修記事

青山・表参道の美容室ZACC(ザック) 幅広い顧客にはタレントや著名人も多数来店。代表の高橋和義は多数のCM・写真集等のヘアメイクを担当し、セミナーやショーを国内外で行う。また早くからサロンオリジナル商品の開発も手がけるなど、日本美容界のトップランナーとして活躍。

関連記事

  1. COLUMN

    イメチェンにもおすすめのショートパーマ

    ヘアスタイルを変えてイメージチェンジをしたいという人は、ショートヘアに…

  2. COLUMN

    万人に受けがよい!ミディアムヘアの魅力

    顔の形や髪質に悩みを抱えていると、どんな髪型が自分に似合うのかわからな…

  3. COLUMN

    人気のボブヘア!種類やアレンジについて

    イメチェンしたいと思ったときに浮かぶ人気のヘアスタイルが、ボブヘアです…

  4. COLUMN

    年齢によって変化する髪を綺麗にする方法!

    髪の美しさは見た目年齢に大きく影響を与えます。年代を問わず、綺麗な髪で…

  5. COLUMN

    髪の毛を美しく保つ正しい洗い方!

    きれいな髪は多くの人の憧れです。しかし、髪の毛のダメージに悩んでいる方…

  6. COLUMN

    失敗しない!縮毛矯正のコツとヘアケア

    ストレートヘアにしたい時、ストレートパーマをかけるべきか縮毛矯正をする…

CATEGORY

ARCHIVE

美容室ZACCが監修する薬機法を厳守した
ヘアケアの情報を正しくお届けするオウンドメディア

美容室ZACC オフィシャルサイトはこちら ▶︎

PAGE TOP