COLUMN

誰にでも似合う!おしゃれなショートボブ

気分転換にショートボブに挑戦してみたいと思っても、「似合わなかったらどうしよう」と不安になって二の足を踏んでしまう人は少なくありません。しかし、ショートボブは顔型に合ったスタイルを選べば、誰でも似合う髪型なのです。この記事では顔型別に似合うショートボブのスタイルやオーダーのコツについて紹介していきます。

そもそもショートボブとは?

そもそもボブという髪型はどのようなものを指しているか知っていますか。ボブはトップの髪の毛を、サイドや下の毛と同じ長さか少し長い程度にカットし、上からかぶせるようにしたヘアスタイルのことを指します。トップの毛が一番下まで真っ直ぐ降りているので、Aラインのシルエットになるのが特徴です。

では次にショートボブについて見ていきましょう。ショートボブと聞くと、単純にボブを短くしただけのように思われがちですが、実際はボブの表面に段差を入れるようにカットしたヘアスタイルのことを指します。トップの長さはそのままに、表面の髪の毛だけを短くするので、コロンとしたボブ特有のシルエットを残しつつ、表面の髪の毛の長さを調節するだけで雰囲気を変えることができるのがショートボブの良いところです。

ボブの魅力とショートヘアの魅力を併せ持つショートボブでは、後ろ姿をボブよりもスッキリとさせながら、顔周りをボブのように仕上げたスタイルが多いです。また、段が入ることで髪全体の重心が毛先よりも上に上がるため、ボブ特有のAラインからひし形のようなシルエットに変わります。ひし形シルエットは顔周りにボリュームが出るため、相対的に見て顔が小さく見えます。小顔効果も期待できるのがショートボブの魅力です。

丸顔の人は縦のラインを強調する

丸顔の人がボブにしてしまうと、より丸さが強調されてしまうのではないかと不安に感じる人も多いでしょう。しかし、シルエットを自由に変えることができるショートボブならば、そのような不安は必要ありません。
丸顔をコンプレックスに感じている人がショートボブにするのならば、縦のラインを強調するようなスタイルにしてみましょう。
前髪ナシのスタイルならば、顔周りのラインが縦になるようにカット、またはスタイリングします。顔のラインが輪郭に沿ってしまうと顔の丸さが強調されてしまうので、あえて沿わせないことを意識してスタイリングすると、顔の丸みをカバーすることができるはずです。

前髪アリのスタイルならば、顔周りのラインで縦を作るのはもちろんのこと、前髪にも縦のラインを作ると、より丸顔をカバーするようなヘアスタイルになります。前髪に縦のラインを作る方法は、前髪にレイヤーを入れて隙間をつくるだけです。前髪に隙間をつくることで縦のラインが生まれるので、さらに小顔効果が期待できます。
丸顔を強調しないという点では、縦ラインをつくる以外にも、外ハネやウェットなアレンジをするという手があります。外ハネやウェットなアレンジは、丸い顔のカーブとは逆のカーブを描くので、丸顔が目立たなくなり小顔に見せることができます。

ベース型なら動きを出してカバー

エラの張ったベース型の顔に悩んでいる人は、顔周りがスッキリしているショートヘアにチャレンジするのは抵抗感があるでしょう。しかし、レイヤーの入ったショートボブならば、髪全体の長さを短くしても、エラの張りをカバーすることができます。
レイヤーを入れることで髪全体に動きがでるので、エラが目立ちにくくなるのがこのヘアスタイルの良いところ。また、ショートボブならばフェイスラインの髪の毛を長めに残しておくことができるので、コンプレックスに思っていたフェイスラインをさりげなく隠すことができます。髪の毛を耳にかけるときも、フェイスラインが隠れるように少しだけ顔周りの髪の毛を残しておけば、小顔の効果をキープできるでしょう。

ベース型の顔は横幅が広く見えてしまうので、前髪をつくるときには縦のラインが強調されるように気をつけると、小顔効果がアップします。
前髪が長く重ためだと、顔の縦と横のバランスが悪くなるので、縦が長く見えるように前髪は短めにするとバランスが取れるようになります。しかし、ショートバングには抵抗があるという人も少なからずいるでしょう。そのような人には、前髪にレイヤーが入った透け前髪という手があります。透け前髪にすることで前髪に縦ラインの隙間ができ、縦方向が強調されるようになるのです。
ただし、ベース型の人が前髪をつくる際は、前髪の幅が広くなり過ぎないように気をつけなければいけません。前髪の幅が広すぎるとエラが隠れにくくなるので要注意です。

面長ならふんわりスタイル

顔のバランスが取りづらい面長の人が普通のボブにチャレンジしてしまうと、重たい毛先が顔の長さを強調しかねません。しかし、ふんわりとしたシルエットが女性的なショートボブならば、面長の顔にもフィットします。
面長の人がショートボブにするのならば、毛先に動きを出したスタイルを心がけましょう。そうすることで横幅にボリュームが出て、顔の縦と横のバランスが取りやすくなるのです。またふんわりとしたシルエットが、男性的に見られがちな面長の顔を、可愛らしく女性的に演出してくれます。

面長で悩んでいる人は、積極的に前髪をつくるようにすると良いでしょう。前髪ナシのスタイルは顔の縦ラインを強調するため、面長がより強調されてしまうのです。
また、前髪をつくるときは重ためにすると、隙間による縦のラインができづらくなり、より小顔効果がアップします。さらに、前髪をつくる際は前髪の幅を広めにとることで、横のラインができて縦と横のバランスが取りやすくなるはずです。前髪の幅を決めるときは、顔の縦と横のバランスに気をつけながら決めると、自分にピッタリな前髪をつくることができます。

ナチュラルな定番スタイルは誰にでも似合う

あごのラインで切り揃えられた定番スタイルなショートボブならば、どんな顔型の人でも似合いやすいので、ヘアスタイルに迷ったときには最適な髪型です。
ショートはもちろんのこと、長めのヘアスタイルも意外と毛先が遊びやすく、スタイリングなしで外出するのは難しいです。しかしあごのラインで切り揃えられた髪の毛は収まりが良く、ヘアアイロンなどの凝ったスタイリングをしなくてもそれなりに仕上がります。メイクや朝食の準備など、何かと忙しい朝を過ごしている女性には、打ってつけの髪型と言えるかもしれません。

また、うなじが見えるくらいの長さにすることで首が長く見えるという利点もあります。ミディアムやロングだと首まわりがやぼったくなり、首が短く見えがちです。首が短く見えると、顔が大きく見えてしまいます。しかし、だからといって思いっきりショートにするのはなかなか勇気がいるもの。そんなときにこの定番スタイルのショートボブならば、女性らしい雰囲気を残したまま首を長く見せることができるのです。首周りをスッキリ見せてスタイルアップを目指してみましょう。
定番スタイルのショートボブはナチュラルな雰囲気があり、誰にでも似合いやすいのも魅力の一つです。アレンジしなくてもスタイルが決まりますし、おしゃれをしたい特別な日には毛先を少し巻くだけでも、違った雰囲気を演出することができます。

似合うショートボブにオーダーするコツ

ショートボブは表面の段の入れ方次第で表情を変えるため、誰でもチャレンジしやすい髪型です。しかし自由度が高い分、オーダーの仕方を失敗してしまうと思ったようなヘアスタイルに仕上がらない可能性があります。自分に似合うショートボブにカットしてもらうためには、どのようにオーダーの仕方をすれば良いのか見ていきましょう。

まず大切なのが、美容院に着ていくファッションです。一見ファッションと美容院でのオーダーは無関係のように思えるかもしれません。しかし、美容師によってはお客さんのファッションや雰囲気を見て、お客さんに一番似合うだろうヘアスタイルを提案する場合があります。そのため、あらかじめなりたいイメージのファッションをして美容院に行くことで、美容師が似合うショートボブを提案しやすくなるのです。

好みのヘアスタイルを伝える一番の方法は、やはりイメージに近いヘアスタイルの写真を持ち込むことでしょう。美容院にもヘアカタログは用意されていますが、その中に好みのものが必ずあるとは限らないので、事前に調べて持ち込んだ方が確実です。
また、「こうしてほしい」という要望だけでは不十分なことも多く、カットが終わってから「顔周りはこんなに短くしたくなかった」などと後悔することもあります。そうならないためには、「この部分はこれ以上切らないでほしい」というNGの要望もはっきり伝えておくことが大切です。

さらに、スタイリングにかける時間や普段の過ごし方など、ライフスタイルについても美容師にある程度知っておいてもらうことで、キープしやすいヘアスタイルにしてもらうことができます。美容院できれいにセットしてもらったときは良かったけれど、日常的にそのスタイリングを再現することができないと悩む人も少なくないでしょう。しかし、事前に髪にまつわるライフスタイルを美容師に相談しておけば、自分のライフスタイルに合ったヘアスタイルにカットしてくれる可能性が高くなります。

ショートボブのスタイリング方法

あまりスタイリングの必要がないショートボブですが、寝癖がついたりつぶれてしまったりして、スタイリングが必要になることもあります。そんなときのために、ショートボブの基本的なスタイリング方法について見ていきましょう。
朝起きて寝癖がついてしまっていた場合は、水のスプレーで髪の毛を軽く濡らして整えるだけで、基本的には直すことができます。髪の流れに合ったカットがされたショートボブならば、これだけで十分寝癖は直るでしょう。
水スプレーだけで寝癖が直らなくなってきたら、それは髪の毛が伸びてきた証拠かもしれません。寝癖直しに手こずるようになってきたら、美容院でメンテナンスをしましょう。

「朝起きたら髪の毛がペタンコにつぶれてボリュームが足りない」ということは、ショートボブでは割と起こることです。しかしこれも簡単に直すことができます。
髪の毛全体を濡らしてしっかりタオルドライをしたら、髪の内側からドライヤーをかけていきましょう。髪の内側からドライヤーをかけることで髪の毛が外側に膨らみ、ボリューム感を取り戻すことができます。

スタイリングの仕上げに何を使うかで、雰囲気がガラッと変わるのもショートボブの魅力。表面がつるんとしたショートボブに仕上げたいときは、オイルを使ってツヤを出すようにしてみると良いでしょう。逆にふんわりと仕上げたいときには、ソフトワックスを使うと軽さが出ます。

短くてもできる!ヘアアレンジアイデア

ショートボブはミディアムやロングに比べて、ヘアアレンジが難しいという印象を持たれていますが、ショートボブでも十分にヘアアレンジを楽しむことは可能です。
手軽にできるヘアアレンジとして、サイドの髪の毛を耳にかけてアクセサリーで留めるという方法があります。これだけでも雰囲気はぐっと変わるので、気分転換したいときには打ってつけのヘアアレンジです。
髪の毛が長くないと編み込みアレンジはできないと思われがちですが、トップの髪の毛が意外と長いショートボブならば、前髪からサイドにかけて編み込むことできます。顔周りに編み込みをつくると可愛らしい印象になるので、ガーリッシュにしいときにはピッタリのアレンジです。

また、トップの長さが十分あればハーフアップにもできますし、ハーフアップで残った短い襟足をねじるようにしてピンで留めてまとめてしまえば、アップスタイルを楽しむこともできます。襟足を留めるピンは、髪の毛に馴染む色のピンで隠すようにしても良いですし、あえてゴールドやカラフルなものを選ぶと、遊び心のあるバックスタイルになります。
ショートボブだからといって諦めずに、ヘアアレンジを楽しみましょう。

ショートボブならZACCにおまかせ!

ZACCは「愛されヘア」をコンセプトに、その人に似合う素敵なヘアスタイルを提案する美容院です。洗練された技術を持つスタッフが顔の形や髪質を考慮してカットしてくれるので、自分に本当に似合うショートボブを実現してくれます。
また、自宅でも簡単にスタイリングが再現できる仕上がりにもこだわっているため、ZACCに任せたショートボブならば、理想のスタイリングが自分でもできるようになるはずです。

さっそくショートボブに挑戦してみよう

ショートボブはカットの仕方やスタイリングなどで、どんな顔型の人でも似合うヘアスタイルです。「髪を短くしたくても、顔の形がコンプレックスでなかなかできなかった」という人は、小顔効果も期待できるショートボブスタイルにぜひチャレンジしてみましょう。

The following two tabs change content below.

美容室ZACC 監修記事

青山・表参道の美容室ZACC(ザック) 幅広い顧客にはタレントや著名人も多数来店。代表の高橋和義は多数のCM・写真集等のヘアメイクを担当し、セミナーやショーを国内外で行う。また早くからサロンオリジナル商品の開発も手がけるなど、日本美容界のトップランナーとして活躍。

関連記事

  1. COLUMN

    イメチェンにもおすすめのショートパーマ

    ヘアスタイルを変えてイメージチェンジをしたいという人は、ショートヘアに…

  2. COLUMN

    毛先が軽やかなレイヤーボブを徹底解説!

    ファッションは、服装だけでなくヘアスタイルにもちょっとした工夫をするこ…

  3. COLUMN

    表参道は激戦区!美容室の上手な選び方

    傷みやぱさつき、ボリュームなど、髪に悩みを持つ人は多いですね。美容院を…

  4. COLUMN

    美容院のシャンプーを選ぶメリットとは?

    シャンプーには、市販のものと美容院のものに大きくわけられます。なんとな…

  5. COLUMN

    髪の毛を美しく保つ正しい洗い方!

    きれいな髪は多くの人の憧れです。しかし、髪の毛のダメージに悩んでいる方…

  6. COLUMN

    髪のプロがオススメする、髪の毛をサラサラにする効果的な方法!

    サラサラの髪の毛に憧れを持っているけど、どの様にケアをすれば良いのかわ…

CATEGORY

ARCHIVE

美容室ZACCが監修する薬機法を厳守した
ヘアケアの情報を正しくお届けするオウンドメディア

美容室ZACC オフィシャルサイトはこちら ▶︎

PAGE TOP